バストアップマッサージ

バストアップマッサージの注意点

マッサージはお風呂に入っている時、お風呂あがりに行います。
適度に体が温まった状態なので、血行が良くなっているので効果的です。
また、 バストアップマッサージの際には、滑りのよいジェルやクリームを付けます。
そうすることで、お肌への刺激や無理な負担を押さえることができます。
マッサージのし過ぎは禁物です。
時間はだいたい10〜15分が理想的です。

大胸筋マッサージ

バストの垂れを防ぎ、ピンと上がったバストを作ります。

1. 右手を広げの親指以外の指をピッタリくっつけます。そして親指を他の指に対して直角にします。
2.左脇の下へピッタリくっつけた指をはさみ、ピンと立てた親指は肩の付け根部分に付けます。
3.脇を中心に肩の付け根から乳房にかけてじっくりマッサージします。
4. このとき、親指の指先ではなく、指の付け根部分で圧迫するようにすると効果的です。広い範囲に均一に圧力がかかるようになります。
5. 同じ要領で左手で右胸部分もマッサージを行います。両胸とも、圧迫する回数などを決めて左右両方とも同じようにします。

乳房マッサージ

バストは脂肪:乳腺=9:1の割合でできています。
乳腺を刺激することで発達を促し、バストアップを図ります。
乳がんのしこりの早期発見にもつながります。

1. 左手を乳房の上に当て内側に、右手を乳房の下に当て上に上げるようにし、弧を描くようにゆっくりとマッサージします。
2. この時カップをつぶさないように注意します。
3. 今度は左右の手を反対にし、右手を乳房の上に当て内側に、左手を乳房の下に当て上へ上げるようにして弧を描くようにゆっくりとマッサージします。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.0