バストアップ注意点

ダイエット

腺などを発達させるためにはダイエットのしすぎは禁物です。
ダイエットをすると胸から痩せていくと言われるのは、土台である大胸筋が痩せてしまい、支えきれなくなるので、胸が垂れてしまいます。
極度のダイエットは、視床下部のホルモン中枢にダメージを与え、月経や排卵を起こすホルモンエストロゲンの分泌指令を出せなくなり十分な女性ホルモンが分泌されなくなります。
ホルモン分泌が十分に行われないと、バストがサイズダウンしてしまう事があります。

猫背

猫背がバストを小さくしている原因になることもあります。
姿勢が悪いと、血流が悪くなり、バストにしっかり栄養がいきわたりません。
背中を良い状態に保つことで、乳房をグッと引っ張り上げ、垂れ下がるのを防ぎ、乳房にハリと弾力を保つことにつながるのです。
せっかくバストアップするのですから、姿勢を正しくして、キレイに見せましょう。

ストレス

女性ホルモンの量を調節しているのは、脳下垂体にある視床下部です。
視床下部はストレスの影響を受けやすいためストレスがたまっている状態では、ホルモンの分泌を悪くします。
ストレスをためすぎない生活をめざしましょう。
上手にリラックスする自分なりぼ方法をいくつかにもっておくのがいいでしょう。

たばこ

たばこに含まれるニコチン成分がエストロゲンの分泌を妨げます。
また、毛細血管が収縮して血の流れが悪くなり、消化吸収機能を低下させます。
タバコ1本でビタミンCが25mg消耗され、バストアップには欠かせないビタミンCが破壊されてしまいます。
喫煙はバストアップの強い妨げになる可能性があるので、あまりお勧めできません。

便秘

便秘になると摂取した栄養効果が十分に発揮されず、身体にに老廃物が溜まったまま状態になるので、
健康面、美容面共に悪影響がでます。

肩こり

肩こりは血液やリンパの循環を悪くしてしまいます。
血行を促す入浴などが解消にはいいでしょう。

ブラジャー

きつい下着の着用は避けます。
ゆるいものは下垂の原因になります。
一番バストに良いのは、アンダーはぴったりのトップに少し余裕のあるものです。
下着はバストに心地良くフィットした適正なサイズのものを選んで下さい。
アンダーバストに下着の跡が赤くラインが付いてしまうのは避けましょう。

熱すぎるお風呂

熱すぎるお湯、サウナは、バストのハリが衰える原因になります。
お風呂のお湯は適度な温度で入りましょう。
低温のシャワーでマッサージをすると効果的です。

適度な運動

適度な体操やスポーツは、キレイなバストラインの持続に役立ちます。
水泳は、バランスのとれた美しいバストラインを維持するために理想的な運動です。

リラックスした生活

ストレスは、バストのハリや発育を促す女性ホルモンにとって、大敵です。
出来るだけストレスをなくし、ゆったりと心身共に余裕のある生活を心掛けることが大切です。
また寝不足や夜更かしも女性ホルモン分泌の大敵です。
女性ホルモンの分泌は、夜中の12時〜3時頃なので、できるだけこの時間には寝ましょう。

カフェイン

カフェインには脂肪分解作用があります。
バストアップを目指してる人は、カフェインの取り過ぎには注意しましょう。

冷え性

冷えているところは血行が悪く、お腹回りが冷えていると卵巣への血行が悪くなり、卵巣で作られる女性ホルモンの分泌が悪くなり、卵巣機能全体が低下します。
その他にも生理不順、生理痛など婦人病が起こりやすくなります。
冷たい物の取り過ぎに注意して、血行をよくする工夫をしましょう。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.0